古本屋で本を購入するようになったきっかけと理由

最近、私は古本屋を巡ることにハマっています。以前は本を買う場合は「絶対に新品しかイヤ!」というタイプだったのですが、安くて状態の良いものを購入したのがきっかけとなり、古本も悪くないと思えるようになりました。

特に、全国的にチェーン店で展開しているあの有名な古本屋さんには、用事のついでによく立ち寄ります。

漫画コーナーでは、漫画本をまとめ売りしているので、子どもの頃欲しかったけど高くて買えなかったものもグンと安い値段で購入することもできます。

確かに古本ということで、新品に比べれば多少色褪せているものがありますが、そこは価格を考えれば納得できます。

奥の方へ進むと専門書が並んでいます。よく見ると、発売されてから間もない新刊本が置かれていたりします。

見た目も綺麗でインクのにおいが残っているような良品でも、500円引きなどで売っていたりもします。

読んでみたい内容であれば、即購入するようにしています。

本との出会いは一期一会ですし、ましてや中古で状態の良いものとなると次いつ発見できるか分かりません。迷って買わず、次の日に来たらもう売れてしまったということも珍しくないのです。

自宅には書棚が1つだけ置いてあります。そこに買ってきた古本を並べて、時々出して読むようにしています。書棚に納まりきらない分は早めに売る、というのが私のモットーです。

部屋中が本だらけになるのが嫌で、それなら早めに売って新しいのに買い替えるべきという考えなのです。