本の選び方でジャケット買いは間違っている

皆さんは本の買い方をどのようにしているでしょうか。噂になっている本や売り上げランキング上位の本、テレビで紹介されている本や友人から勧められた本など買い方は人それぞれ異なると思います。

その中でもジャケット買いをしている人もいると思いますがそれは間違いです。なぜなら当たり前のことかもしれませんが、本のジャケットは実際の本の内容と違う場合があるからです。

過去にわたしはシリアスな怖い系の本を読みたいと思い書店に行き、暗い階段の写真の本を買いました。しかしながら本の内容は意外と明るい内容でジャケットとイメージが異なるものでした。

このような経験をしたことはないでしょうか。少なからず売られている本にはこのようにイメージが異なるものがあります。

では特に買いたい本が決まっていない場合どのように本を選べばよいのでしょうか。まず第一に背表紙の本のあらすじを読むということです。

およそ100~500文字程度と少ない内容なので簡単に本の情報を得ることができ、買う本を間違ったということはなくなるでしょう。

第二に本屋さんで添付しているポップを読むということです。書店の店員さんが本の紹介を簡潔にしてくれているので生の感想を見ることができます。

また注目の本を紹介してくれているケースが多いので多くの人が良い本という本を事前情報がなくても知ることができ、ハズレを減らすことができます。

このように本を選ぶ際に簡単に本の内容を大まかに知れる方法はあるので事前に確認し購入することをお勧めします。

もし漫画が好きな方は、漫画マニアをご覧ください。