私の価値観を変えた本「金持ち父さん貧乏父さん」について

私はこれまでたくさんの本を読んできました。社会人になってからは出世や金銭に関する本をたくさん読みました。

その中で私の金銭感覚・価値観を変えてくれた本が「金持ち父さん貧乏父さん」です。

この本は幼い少年の周りに見本となる人物が二人おり、お金に関してそれぞれ異なる価値観を持っていました。

一人はしっかりと働き、その分だけ貯金してお金をためていくという一般的な価値観です。対照的にもう一人はお金の仕組みを理解しておりお金に働いてもらう・働かずにお金を得るなどお金という概念が異なっていました。

傍から見ると前者のほうが安全かつ堅実な完成ですが、本当の意味での裕福になるには後者の方から学びを得ていくという内容でした。

私自身、この本を読むまでは前者の価値観でした。働いた分だけお金を得てその範囲で貯金し使っていました。

そのため貯金さえすれば着実にお金は溜まっていきましたが、働いた分だけの収入しか得られませんでした。

また日本は正社員として働くと副業は禁止している会社がほとんどです。そのため自分の年収と手取り額・出費額から自分がどれだけ貯金できるのかがわかってしまいます。

うれしい反面、伸びしろがないため悲観的にもとらえていました。しかしこの本を読み、本当の意味でお金を得る仕組みを理解しました。

もっと早く読んでおけばよかったとも思っています。この本を読み、自分が持っているお金をいかに増やすことができるかを考えるようになり、働くことの楽しみが増えました。

また本に沿って色々と取り組む中で着実に私の資産が増えています。資産を増やしたいという方には一読んでほしい本です。