私の読書の楽しみ方について – すきま時間を見つけて楽しむ-

今回は、私の読書の楽しみ方についてご紹介したいと思います。

現代人は常に慌ただしく、なかなか読書を楽しむ余裕がない方も多いかと思います。

例にもれず、私も日々仕事に追われまとまった読書の時間を持つことが難しいのが現状です。

しかし、短いすきま時間をうまく利用すれば、十分読書を楽しむことができます。

読書の時間を持つと人生の充実度がより高まりますし、ボキャブラリーの幅も広くなり、より良い交流関係を楽しむことができるようになります。

具体的にどのようなすきま時間を私が読書の時間にあてているかというと、例えば、バスでの通勤時間やお昼休み、夕方の休憩時間や入浴後などに少しづつ読みながら楽しんでいます。

そうすると、1週間に2、3冊は読めます。

最近は、通勤時間に音楽を聴いてる人は多く見かけますが、読書をしている人はあまり見かけません。

しかし、通勤時間に読書をすると脳も活性化して、しっかりと目が覚めた状態で仕事に臨めるようになるように思います。

また、入浴後スキンケアをしたり、髪を乾かした後、寝るまでの1番リラックスできる時間に読書をすると短い時間でもとても集中でき、驚くほど読み進めることができます。

また、昼休みの十分間だけ時間を決めて読書を楽しむ時間にあてています。
そうすることで、メリハリがつき、集中して読書を楽しむことができます。

このような感じで、工夫しながら読書の時間を楽しみながら日々を過ごしています。

参考して頂ければ幸いです。